By Hannah Glodich

When I was eight-years-old I befriended an actress at the Michigan Renaissance Festival by dressing up as her and more or less becoming her “mini me.” She was not a queen or a princess or anything of that sort but a mere wench who did the town’s laundry. From the first moment I saw her show at the festival her positive attitude and female empowerment inspired me. She became my role model, which led me to become determined to find out more about her. As years passed I slithered my way into the Ren Faire scene and into Danielle DuPont’s life. Now almost 10 years later, I have had the opportunity to experience the complex yet marvelous life of a woman with brilliant ideas. Living a life with an extraordinary amount of baggage, Danielle has always kept a hold on the joy of life. I admire her not just for her overwhelming amount of optimism but for the fact that every time I see her she is organizing or becoming involved in some sort of act of kindness. Whether it is doing something special for a friend at the faire or recruiting everyone she can to go to the local women’s shelter every week to treat the women there like princesses for a day, she is always in the mood for helping others. Perhaps one of Danielle’s biggest contributions to society is through the organization RESCU. This organization is geared to help actors and actresses who are employed at any renaissance festival around the country who don’t have health insurance by raising money to help them pay for any medical emergencies that may arise. Danielle is co-founder and on the board of committees, but she does more than she gets credit for. At the Michigan faire alone she maintains the RESCU booth and sets up multiple fundraisers including a contest among actors at the festival to compete by collecting money to obtain the title Mr. Renaissance Festival. She also puts together an entire night of entertainment called RESCU Rally at the end of the show’s run all to benefit RESCU. Fortunately, Danielle was blessed with the gift of persuasion, which she uses to obtain a mass amount of volunteers for this charity to sell raffle tickets and such on the side to help all she does become possible. She puts her whole heart into this organization and from that she makes a notable difference.
If Danielle hasn’t already made this society a better place with her attitude, she has done it with the numerous amounts of life-changing things she accomplishes. She doesn’t have an enemy in the world, she always has a smile on her face and all in all she is just a big bundle of sunshine… that is if a big bundle of sunshine could do as many things as Danielle does. 0 Comments Filed under: radical Keith Robinson, from poverty to prosperity Posted by public

By Ryan Nolan

It was just routine day for each of the sixty youth convicts as they entered a room to hear what they thought was just another guest speaker. These convicts had been living in the Pendleton Juvenile Correction Center and were not just convicts, but the most violent offenders in the US. Little did they know, the man who was standing in front of them was once in their very spot. Keith Robinson was not a bad apple; he was a forgotten child. Born into a family with a vicious cycle of poverty, his parents both high school dropouts. From early on, Keith endured verbal, emotional, and physical abuse. Over time, he watched his father’s health deteriorate and the absence of a father created a feeling of invisibility. After his father’s untimely death and his mother’s subsequent marriage four months later, Keith began to seek attention in a negative way, desperately wanting someone to notice him. It did not take long before he fell behind in school. He ran away from home nearly twenty times between the ages of 12 and 17 and turned to alcohol and drugs for comfort finding that the substances masked the pain that consumed his life. Time went on and the circumstances remained, when the buzz actually affected him were his best day. Keith was tired of his mundane routine, which led him to seek for a high that did not entrap him. There was a shift and Keith began to experience heart felt change. He found the ultimate high: God as he lived the lowest times of his life, constantly drained of any feeling of happiness. As he saw a change in the world and in himself, he realized there were caring adults, such as his high school principal and his English teacher, which wanted nothing more than to see him succeed. His peer group did not change overnight, but the people he associated with began to shift. He surrounded himself with people who built him up, instead of encouraged his previous behavior. Keith had been sentenced to do time in Pendleton, but due to his radical transformation, he was given a second chance. After graduating high school, he went on to college to receive his degree and graduate with high honors. Keith was determined to create a change in society that was consumed with empathy. He started working and traveling with Chad Varga, a former NBA star, and was able to speak all around the nation to thousands of students and share his story. As he saw the heart of thousands change, Keith started to dream even bigger. In 2009, he founded Emerge Incorporated, a non-profit organization whose mission is to bring healing to broken lives. Emerge aims to help restore relationships within schools, households and communities. Keith uses his story to challenge both students and adults to emerge out of and rise above their circumstances so they can achieve at their highest level and maximize the potential inside of them. Since the launch of Emerge, Keith has had the opportunity to speak to over 300,000 students. I was fortunate to cross paths with Keith Robinson my junior year of high school. Keith was able to share his story at a school assembly. It was the first time someone captured the attention of the entire student body at my school. After the assembly, hundreds of students came down and shared their struggles with him and his team. My high school became united that day, and has not been the same since. After experiencing the change that took place at my high school, I wanted to do more. I was able to connect with Keith and his team to express my interest in getting involved with the work they were doing. Since then, I have been brought on as an intern for Emerge. I have had the opportunity to speak life into students and mentor people who are struggling with addictions and trials they have had to face in this life. Merriam and Webster’s Dictionary defines radical as something or someone who is very different from the usual or traditional. Keith Robinson made the decision to emerge out of his circumstances and use his struggles to create a culture of caring adults to connect with students and lead the next generation. Due to his encouragement and recognition of my potential, I seize the day.

Japanese translation 和訳

By Hannah Glodich

私は、8歳だった時、彼女として盛装することによりミシガン・ルネッサンス・フェスティバルで女優を助けて、多かれ少なかれ彼女に似合います「ミニ、私。」 彼女は女王または王女ではありませんでした。あるいは、その種類のことだが町を行った単なる売春婦は、クリーニング屋です。 最初の瞬間から、私は、彼女がフェスティバルで前向きな姿勢を示すのを見ました。また、女性の権限付与は私を励起しました。 彼女は私の役割モデルになりました。それは、私に彼女についてもっと知識を得ると決意するようにならせました。 数年が過ぎるにつれて、私は、Ren Faire場面、およびダニエル・デュポンの生活へなりに滑走しました。 今ほとんど10年後に、私には、光り輝く考えを持った女性の複雑であるが不思議な生活を経験する機会がありました。 異常な量の手荷物を備えた生活を送って、ダニエルは、生命の喜びに対する支配を常に維持しました。 私は、私が彼女に会うごとに、彼女が組織しているか、親切のある種の行為に没頭するようになっているという事実がなかったならば彼女の圧倒的な量の楽観論のためにだけでなく彼女を賞賛します。 それがfaireで友達のために特別のものをしているか、一日の間王女のようにそこに女性を扱うために毎週、地方の女性の保護へ行くために、彼女ができる皆を募集しているかにかかわらず、彼女は常に他のものを支援する気分です。 恐らく、ダニエルの社会への最も大きな貢献のうちの1つは構成RESCUによってあります。 この構成は国中のどんな復活フェスティバルでも雇用される俳優および女優を助けるために適応します、彼らはそれらが発生するかもしれないあらゆる医学の緊急事態の代価を払うのを支援するために資金の調達により健康保険を持っていません。 ダニエルは共同創立者で委員会の委員会上にいます。しかし、功績を認められる以上に、彼女は行います。 ミシガンfaireでは、単独で、彼女はRESCUブースを維持し、タイトルにルネッサンス・フェスティバル氏を得させるためにお金を集めることにより競争するためにフェスティバルで俳優の間でコンテストを含む多数の資金調達者をセット・アップします。 さらに、彼女は、RESCUに役立つためにショーの実行すべての終わりにRESCUラリーと呼ばれる娯楽の全夜を組み立てます。 幸運にも、ダニエルは説得の贈り物に恵まれていた、彼女は、すべてを支援する側の富くじチケットおよびそのようなものを売るこのチャリティーのためのボランティアの多量量を得ることを使用する、彼女はなる、可能。 彼女はこの構成に全体の心を入れます。また、それから、彼女は顕著な違いを生じます。 ダニエルが彼女の態度でこの社会をまだよりよい場所にしていなければ、彼女は遂行する多数の量の生命を変わるものでそれをしました。 彼女には世界で敵がいません。彼女は常に顔に笑顔をしています。また、概して、彼女は、単に、日光の大きな束が、ダニエルがそうするのと同数のことをすることができたかどうかであるsunshine…の大きな束です。

By Ryan Nolan

それらが何が単にもう一人の来賓演説者だと、彼らが思ったかと聞く部屋に入ったとともに、60人の青年犯罪者の各々のためのちょうど型通りの日でした。 これらの犯罪者はペンドルトン若い修正センターで暮らしており、犯罪者だけでなく米国で最も乱暴な犯罪者でした。 それらはほとんど知りませんでした。それらの前に立っていた人は一番場所に以前いました。 キース・ロビンソンは悪党ではありませんでした; 彼は忘れられた子どもでした。 貧困の悪循環を持った家族の中へのボルン、彼の両親両方とも、高校中退者。 早い時期から、キースは口頭で、情緒的・物理的な乱用に耐えました。 時間とともに、彼は、父親の健康が下がるのを見ました。また、父親の不在は、不可視性の感じを作成しました。 4か月後にの父親の不時の死および母親の後の結婚の後、キースは、誰かに必死に彼に気づいてほしくて、否定の方法で注意を求め始めました。 彼が学校で遅れをとるかなり前に、それはとりませんでした。 彼は、12歳と17歳の間にほぼ20回家出し、物質が彼の生活を消費した苦痛を覆ったという気楽さ発見用、アルコールおよび薬に変わりました。 うなりが実際に彼に影響した時、時間は進みました。また、状況は残りました、彼の最高の日でした。 キースは現世のルーチンに飽きていました。それは、彼に彼をわなに掛けなかった最高値を求めさせました。 変更がありました。また、キースは心臓に感じられた変更を経験し始めました。 彼は最終の最高値を見つけました: 絶えず任意の幸福感を消耗して、彼が生活の最低の時期を実践したとともに神。 世界でそれ自体で変更を見るとともに、彼は注意する大人が高校のようにいることを理解しました、主要、そして彼の英語の先生(それは彼が成功するのをまさに見たかった)。 彼の同年齢集団は一夜にして変わりませんでした。しかし、彼が一緒に関連させた人々は変わり始めました。 彼は、彼を構築した人々を自分の周りにおきました、の代わりに、彼の前の振る舞いを促進します。 キースはペンドルトンの中で時間を計ることを宣告されました。しかし、根本的な変形により、彼は別の機会を与えられました。 高校を卒業させた後に、彼は次に大学に程度を受け取り、高い受賞で次第に変化しました。 キースは、感情移入で消費された社会の変化を作成しようと決心していました。 彼はチャド・バーガ(元NBAのスター)と仕事をし旅行することを始めて、何千もの学生に一面に国家について話すことができ、彼の話を共有することができました。 彼が何千の中心を見たとともに、変更、キースは夢見始めました、さらに大きな 2009年には、彼がイマージインコーポレーテッド(その使命が治療を故障した生命にもたらすことである非営利組織)を設立しました。 イマージは、学校、世帯およびコミュニティー内の関係を回復するのを支援することを目標とします。 それらが最高水準で達成することができ、それらの潜在的な内部を最大限にすることができるように、キースは、それらの状況から出現し、かつ克服するように学生と大人の両方に促すために話を使用します。 イマージの着手以来、キースには、300,000人以上の学生と話をする機会がありました。 私は、幸運にもキース・ロビンソンとパスと交差しました、高校の大学3年生。 キースは学校会議で話を共有することができました。 私の学校で誰かが全学生総数の注意を引く初めてのことでした。 会議の後、何百もの学生が着陸し、彼と彼のチームと努力を共有しました。 私の高校は、その日結合されるようになり、それ以来同じではありませんでした。 私の高校で起こった変更を経験した後に、私はもっと行いたかった。 それらがしていた仕事との関連への関心を示すために、私はキースと彼のチームに接続することができました。 その時以来、私はイマージのためにインターンとしてもたらされました。 私には、学生、およびそれらがこの生活で面さなければならなかった熱中および試みと戦っているメンター人々へ生活を話す機会がありました。 メリアムおよびウェブスターの辞書は、急進論者をもの、あるいは通常か従来のものとは非常に異なる人として定義します。 キース・ロビンソンは、彼の状況から出現し、かつ学生に接続し、かつ次世代をリードする注意する大人の文化を作成する彼の努力を使用する決定を下しました。 可能性の彼の促進および認識により、私はその今を楽しみます。
いやー暖かくなってきました

システム保守

システム改修

システム開発見積

システム保守費用

貸し会議室東京千代田区|神保町・御茶ノ水駅徒歩圏内

© A great person's language - All Rights Reserved.